カテゴリー: 未分類

印鑑登録と印鑑証明

印鑑登録とは、はんこを市区町村役場に届け出ることであり、そのはんこが本当に本人のものであると公に証明することができます。
住宅ローンこの印鑑登録をしたはんこが実印になります。
つまり、印鑑登録をしなければ実印用はんこを作っても実印にはなりません。

 

印鑑証明とは、個人であれば住んでいる自治体に印鑑登録をすることで、自治体がその印鑑が本人の物であることを証明してくれます。
印鑑証明書は自動車の購入時、住宅ローン借入時、マンションなどの保証契約時、遺産分割協議書作成時など重要な手続きや申請をするときに求められます
実印は印鑑証明書とセットで使用することで意義のあるものとなります。

 

実印は成人したとき、引越しをしたときなど人生の節目のときに印鑑・実印登録をする方が多いようです。
実印を作る際、苗字のみ、フルネーム、名前のみでもよいかどうかなどは市区町村の定める条例によるので事前に窓口に確認しましょう。
また、悪用されないためにも実印と印鑑証明書が求められたときだけ、その都度、実印登録と印鑑証明の発行を行うと良いでしょう。また、実印を盗難などで紛失してしまうと他人に悪用されてしまう可能性があります。そういった場合、市町村の窓口に紛失届けを出すことで印鑑登録の廃止ができるので、一刻も早く行いましょう。

Categories: 未分類

はんこ、印鑑、印章

世間一般では、印章と呼ばれるもののことをはんこや印鑑(いんかん)と呼んでいますが、厳密には印章あるいははんこと同じ意味で印鑑と言うのは誤りです。
はんこ古くは、印影と印章の所有者を一致させるために、印章を登録させ、この印影の登録簿を指して印鑑と呼びました。
その後印鑑登録を行った印章である実印、さらに銀行印などの登録印や、印章全般の印影のことも印鑑と呼ぶようになりました。

 

つまり、はんことはその当事者であることを証明する道具そのもののことであり、個人や組織のしるしとなるものです。
印鑑とは、捺印したときに紙や書類などに残る文字や絵、印影のことを指します。
また、印章とは、はんこの文字や絵が彫られている部分のことをいいます。
いずれも同じ意味として使われることが多いですが、それぞれにはちゃんと違う意味があるので混同してしまわないように注意しましょう。

 

「印鑑」の単語は「印」と「鑑」の二文字からなります。
「鑑」は鏡と同じで、物の形を写すものや手本という意味があり、印鑑登録した際に写した文字などの形が照合すべき手本ということで「印鑑」という名がつきました。この由来からはんこと印鑑が同じ意味ではないことがわかります。

Categories: 未分類

印鑑の意味

印鑑とはんこを同じものと思っている方も少なくないものの、それは間違った認識です。はんこはその当事者であることを証明する道具であって、印鑑は捺印した時に紙や書類などに残る文字や絵や印影です。同じ意味として使われる事も少なくないものの、それぞれに違った意味がある事をしっかり理解した方が良いでしょう。

 

そして使う時の意味の違いも抑えておくべきです。
はんこを市区町村役場に届け出る事で、公に本人である事を証明できます。
引越し印鑑登録をしたはんこが実印であって、印鑑登録をしないと全くの別物になります。
印鑑証明書とセットで所持しておく事で、重要な手続きや申請の際にスムーズに対応できるようになります。
引越しなどの時には特に実印と印鑑証明書は必要になってくるもので、事前に用意しておくのが望ましいです。
また、悪用されない為にその都度、実印登録と印鑑証明の発行をするという手もあります。
どういったアプローチをするのが正しいかは一概には言えないものの、どういった手があるのかを覚えておく事でいざという時に対応する事ができます。

 

当サイトでは印鑑とはんこの違い印鑑証明の事を中心に解説をします。印鑑について何となくの知識しか有していない方も少なくありません。どういった時にどういった使い方ができるのかを知る事は、大きな意味があるものです。印鑑は普段から頻繁に使うものではないものの、いざという時に無くては困る必需品です。必要になってからではなく、前もって準備しておきましょう。

Categories: 未分類