はんこ、印鑑、印章

世間一般では、印章と呼ばれるもののことをはんこや印鑑(いんかん)と呼んでいますが、厳密には印章あるいははんこと同じ意味で印鑑と言うのは誤りです。
はんこ古くは、印影と印章の所有者を一致させるために、印章を登録させ、この印影の登録簿を指して印鑑と呼びました。
その後印鑑登録を行った印章である実印、さらに銀行印などの登録印や、印章全般の印影のことも印鑑と呼ぶようになりました。

 

つまり、はんことはその当事者であることを証明する道具そのもののことであり、個人や組織のしるしとなるものです。
印鑑とは、捺印したときに紙や書類などに残る文字や絵、印影のことを指します。
また、印章とは、はんこの文字や絵が彫られている部分のことをいいます。
いずれも同じ意味として使われることが多いですが、それぞれにはちゃんと違う意味があるので混同してしまわないように注意しましょう。

 

「印鑑」の単語は「印」と「鑑」の二文字からなります。
「鑑」は鏡と同じで、物の形を写すものや手本という意味があり、印鑑登録した際に写した文字などの形が照合すべき手本ということで「印鑑」という名がつきました。この由来からはんこと印鑑が同じ意味ではないことがわかります。

Categories: 未分類